FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
メーカー きゃんでぃそふふと
原画 すめらぎ琥珀
ライター かずきふみ


あらすじ
2034年、日本。
海の向こう側では、今もどこかで戦争が起こってる。
そういう世界情勢を、なんとなくは把握していたけれど。

どこかで響く銃声は、あまりにも遠い。
なんてことない田舎町に住む俺にとっては、そのはずだった。

でも、とある事情で俺たちの通う学校は無期限の休校という廃校に近い状態になってしまい、校舎は陸上自衛軍に接収されることになってしまって。

そしてやってきた、陸上自衛軍女子工科学校の生徒達。
部隊名、第0教育隊第2区隊。
所属隊員はすべて女性。

物珍しさから少し興味はわいたけど、物騒なことは嫌いだった。
だから絶対に関わるつもりはなかったのに、なぜかその0教2区隊ってやつに組み込まれることになって……。

これは平凡に過ぎるはずだった毎日が、少しずつ変わっていく物語。

――いずれ戦地に赴くあの人に、俺はなにをしてあげられるだろう。


ということで久しぶりに感想書きたくなったエロゲでした。
まずゲームとしてはあらすじのラストに書いてあるように、ヒロイン達が街を離れ戦場へ赴くまでが大体のシナリオです。

なので戦場の最前線でドンパチやって敵を一掃したり、敵の基地に強襲かけて制圧などの軍事戦略的なものではないのでその部分を期待してる人にはズレが生じると思います。

共通では普通の学園モノのテンプレ日常に時折戦争や実験の影を覗かせ徐々に日常が崩壊していくのを描いたシナリオになっています。

個別は大体3種類のシナリオになっています
ましろ 恋歌 志乃の実験組
環の前半3人のまとめと真ルートへの導入
小夜子ルートという名の真ルート

実験組はヒロインの抱える問題に主人公が突っ込んで解消→恋人のテンプレ展開に別々の伏線を巻きながら最後に戦闘シーンという流れになってますね

ここで先に主人公に触れておきますと、ガンナイトガールの主人公は本当に今流行りの非現実系俺TUEEEEE主人公の真逆タイプの無力型主人公でなおかつ無力な割に行動力は俺TUEEEタイプという中々やっかいなものとなっています。
正直ダメか良いかでいえばダメだし、自分もプレイ中に何度も呆れるというか??感じになりました。多分主人公=プレイヤーと置いちゃう人は絶対できないエロゲかと
ただ、個人的にはこの世界観とヒロインではこの主人公じゃないとなというのがコンプ後の感想です。

1つは、ヒロインがどいつも壁を作ってるのと常識(理不尽ツンデレとかではなく)から1歩2歩外れちゃってる奴らばかりなのでここに裏表なしに突っ込んでいけるタイプである必要があった

2つ目は、あくまでも日常にこだわった主人公だったおかげで戦地へ送るという結末を書けたのと真ルートの
これが、俺の戦争だ!(若干のネタバレセリフなので見たい人だけで)
がすごく良く感じたなと

あとこれは本当に個人的なものですが戦争じゃなくても本当に周りで気味が悪いことが起こって自分の身内、友達に危害が及びそうになった時に何もできないと焦るし、かといって現実も基本的には無力ですし、だからこそ安心するために日常を渇望するっていうのは個人的には共感できたのでこの部分に関してはあまり不快ではなかったです。

話を戻します

環ルートは恋人ってよりもパートナー的な感じで今まで謎に振り回されてた話がこちらから積極的に謎へ迫っていく形で進んでいきます。
今までの伏線の8割の答え合わせをしながら残り2割と新しい謎を残して真ルートへ

真ルートは今までの伏線回収をして正真正銘の最終決戦ですね
とは言っても世界が滅ぶのを救ったり、戦争の勝敗が決まったりするわけでもなく
小さな田舎町で起こった小さな物語の終わりといった感じです。

残念に感じたのはやはり真ルートのラストのあっさり具合とちょっとしたエピローグのご都合

エピローグの結末には文句はないのですがましろや恋歌くらいにはエピローグをひっぱて欲しかった。
主人公も志乃ルートでは割とダメな部分と良い部分がバランス取れていたのですがましろの時と小夜子では少し暴走気味だったのが気になりましたね。反省はするんですが、熱くなるとすぐ繰り返してしまうあたりなど
それとどの戦闘シーンも熱く、人型外骨格もカッコいいのですがやっぱり少なさは感じましたね

シナリオ外に関するCGやBGMに関してはとてもレベルが高かったです

特にCGは12年でもTOPクラスでとても綺麗な背景とすめらぎさん独特のキャラ絵で非常に満足でした

総評 85/100
2012年を締めるにふさわしい作品でした。
主人公の合う合わないはかなりありますがその点以外ではどれもがハイレベルでまとまった優秀作だと思います。
ライターがガンダム好きーなのかわかりませんが実験関連はニュー○イプ研究所みたいな感じや環ルートで主人公が夜刀から力を借りて出撃するときにXのオマージュかわかりませんが
「あなたに、力をーなんてね」等、すごくうまく使えていたなと
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

tag : エロゲ レビュー

line
先週の金曜日DC組曲で盛り上がりました雪月花です

いや~、やっぱりDC好きな人とコメントだけとはいえ一緒に盛り上がっての3時間半は最高の時間でした
ちなみに曲目は
第二ボタンの誓い 8bit
あさきゆめみし君と 8bit
君に捧げる アイのまほう 8bit

DC ダ・カーポ(アニメ)
サクラサクミライコイユメ アコースティック&原曲 よづさん
サクライロノキセツ よづさん
記憶のラブレター rino 
暁に咲く詩 rino
存在 rino

DC ダ・カーポ(原作)
未来へのMelody rino
Special Day~太陽の神様~ よづさん
White Season rino
Hello Feature よづさん
第2ボタンの誓い 原曲&ツインVer yozurino
Dream~The Ather Side~&~The ally of~ yozurino

DCⅡ(アニメ)
サクラキミニエム よづさん
優しさは雨のように CooRie
柔らかな忘却 CooRie
サクラアマネクセカイ よづさん
静かなる決意 yozurino
消えないで よづさん
雨上がり君のもとへ CooRie

DCⅡ(原作)
あさきゆめみし君と XmasVer
サンタクロースに予約して yozurino 美郷あき 橋本みゆき
Hey!Hey!Summer yozurino 美郷あき 橋本みゆき
Beautiful Flower 美郷あき
Especially 橋本みゆき
まぶしくてみえない yozuVer
Little Distance 桃田佳世子
If...I wish... 美郷あき
Spring has Come rino
君のとなり 橋本みゆき
HAPPY CHERRY FESTA 美郷あき
with~輝きのフィルム~ ひなき藍 きのみ聖 立花あや
桜の羽根 CooRie
Happy my life ~Thank you for everything~ よづさん
ラブソングを君に Coorie
1sec 瀬名
さよならの向う側で 美郷あき
Tomorrow’s way 橋本みゆき
陽はまた昇る 南條愛乃
青春☆グラフィティ 雪月花(立花あや まきいづみ 遠野そよぎ)
今を生きて Coorie
未来へのお守り CooRie
雨上がりに咲いた虹 よづさん
レンブラントの光 よづさん
恋のローラーコースター 橋本みゆき
Love Motion 美郷あき
一緒にDOMYBEST ひなき藍 きのみ聖 立花あや
桜風 Coorie
Graduation from yesterday よづさん
あさきゆめみし君と よづさん

DCⅢ
ハジマリノウタ No Life Negotiator
Shiny steps 三森すずこ&寺川愛実
国語・数学・立夏・・・恋愛 森園立夏(新田恵海)
メタモルフォーゼ、少女 瑠川さら(桜咲千代)
うたまる絵描き歌 桃井はるこ
あなたのNo.ワン 陽ノ本葵(海保絵果)
リバーシブル! 葛城姫乃(佐々木未来)
Touchy/Feely 芳乃シャルル(宮崎羽衣)
君がいた未来 君といない未来 よづさん
ひらり涙 CooRie
私には見えない キョロザワールド
春風に願いを 佐藤ひろ美
millioms of thanks mao
TRUE MAGIC 花たん
All is Love for you CooRie
君に捧げる あいのマホウ よづさん
DCⅢ新曲 fripside

以上

これでもアニメ 原作の挿入歌抜き+shortあり
DCはガチでやろうと思えばオールナイト行けるな

ホントに至福の時間だった。
シークレットライブが楽しみですね~

エロゲ
9月から現在で消化したエロゲ(非18あり)
オーグメント 69
ストロベリーノーツ 65
I/O 80
ピュアガール 74
神樹の館 86
シンクライアント 73

プレイ中
シュシュ
ラブクエ
リバコロ
腐り姫

神樹はガチで俺のお気に入り
近いうちに日記書く

来月は恋色マリアージュのみ
体験版の印象としてはそこそこいい感じ


今後の予定
今週の土曜日 本命の面接
来週の木曜日から東京入り(25-29)

東京では
25日 21時半くらいに東京着
26日 アキバ→代官山でCIRCUSハロウィンパーティ(無料)→ライブ
27日 不明
28日 サンクリ→不明
29日 帰る

最後に
リストうつの疲れたw
line
キミへ贈る、ソラの花
kimisora_600_400.jpg

ついに発表されました新作

翠の海も粗はありましたが処女作としてはとても良い出来で今回も期待してます。
そしてゆき恵さん


絵がすばらしい!!
塗りも綺麗でかなり俺好み

泣きゲーを目指していると言うことでこちらの要素にも期待


さて明日から札幌に住んでる妹のところに2泊3日で行ってきます。
札幌と言えば帯広にいる俺としては祖父にメロブ、メイト、とら、ゲマ、らしん、MKと楽しみがたくさんw

さてお金をいくら使うんでしょう俺w
line
ブランド bolero
原画 本庄マサト
シナリオ 神堂劾

あらすじ
主人公・真田宗一郎は、一代で財を成した凄腕の実業家を父に持つ、いわゆるボンボンの学生。
不況が吹きすさぶ世間を尻目に、都市部から離れた閑静な街で何不自由のない生活を送っていた。
しかしある年の誕生日、学園の講堂を借り切っての大誕生パーティーの席上で、父がアフリカのダイヤモンド鉱山の事業に失敗し行方不明になったことを知らされ、瞬く間に一文無しへと転落する。
そんな宗一郎の前に現れたのは、学園理事長代理・真島サキ と名乗るスク水白衣のちんちくりんな女の子。
彼女は今日寝る場所も無くなった宗一郎のために、これまで世話になった宗一郎の父親に対する恩返しとして、小間使いの仕事と用務員室を与えてやると言い放つ。
父親以外に身寄りのない宗一郎は、その屈辱的な条件を呑むしか術はなく、一介の小間使いとしての生活が始まるのだった。

いいか
らぶらぼのSMは(すこし)(まにあっく)だ!
そんなすこしまにあっくな調教ゲーらぶらぼだが・・・

うん 可愛くてエロイって最高だよね


さてでは感想に入ろう

メインキャラは
かなめ

ひなた

ユウリ


ちなみ俺のお勧めは紺色髪のかなめちゃんです

ひなたはわんこ系淫乱であり特にキス調教は素晴らしい
後多分一番イキまくる

見所は描いたとおりキス
ホントここまで帰すという行為を作りこんでるのは素晴らしかった。まじでLvあがるためにおおおおとなる。まじちゅっちゅちゅっちゅ
後はいきっぱなしがあるのもひなただけかな
陵辱ゲーじゃねえんだからおっほおおおおおおはやめろww
若干ふいたよw


ユウリは羞恥系の調教がメイン。
視姦 撮影会 目隠しとか
あとこいつCGだとまじ別人てくらいかわええwww

見所は・・・あれ?あんまりないw
いやー正直結構無難だったんだよねユウリ
視姦も撮影会もなんとなく微妙だったしあれですよ

ツンデレが調教によってデレル過程が楽しめるよ!!


う~ん、調教でデレルっておかしいような気もする・・・
いやでも可愛いしツンデレだけど・・・
他のキャラが濃すぎたw

そして俺お勧めのかなめちゃんは
放置 縛り 自慰 尿
多分一番エロが純愛に近い
あ、でも逆レイプごっこあるね

というかなんで主人公がごっこでもレイプされるんだよwwwご主人様どうしたwwww
かなめは特殊調教が結構エロイ
放置とか縛りとか
特に縛りに関しては一番エロかったな

後ね確信した
貧乳好きなだけで俺はロリコンじゃない
やっぱり貧乳キャラってのはコンプレックスが大きすぎるよりもこうちょっと恥らう感じが素晴らしい
後やっぱり敬語とかクールだけど慕ってくれたりでれたりとか・・・・

後輩 貧乳 クール でれでれ
これ最強!!

サブに関してはあまり深いエロはないかな
せんせーのバスに乗っての痴漢ごっこがあるけど
これもかなめちゃんが電車で1周痴漢ごっこがあるしなw

まあなによりね


すこしまにあっくだろうが調教だろうが最後はこうなるんだよ!!!
調教とウエディングってかなり遠い言葉だと思うんだ・・・・

で全員にA開発ありますが・・・
俺A嫌いなんで全くノータッチですw
ついでに尿もそんなに好きじゃないですw


俺調教師の才能ないな!(当たり前か・・・
さてエロに関してはこんなもんで

シナリオはまあ・・・
調教を邪魔しない程度かな
かなめは結構いい話しだなーって感じ

まあこのゲームにシナリオ期待するやつなんていねえなw

後注意は絶対パッチ当ててね
じゃないとかなめクリア不可+ひなたの途中で落ちる+セーブ互換なしとかあるからw

さあて今回の得点は~~

じゃん

75/100


バグがあるもののこうハードな感じじゃないけどしっかりとエロで開発していって
エロエロにする過程を大事にかいてるのがとても良かった
そしてどの調教もしっかりスタッフの愛が感じられた!!

やっぱり調教ゲーは愛だな!サキさんの言うとおりや!

てなわけで
みなさんも調教ゲーですこしまにあっくな行為がやりたくなったら是非らぶらぼをやってみよう

tag : レビュー エロゲ

line
メーカー イエティ
原画   みけおう , わだぺん。(サブ) , おおたか鳴海(サブ)
シナリオ 月島総記

あらすじ
西暦2030年9月16日 午前6時19分
「鹿鳴研究学園都市」の郊外、
湖畔にそそり立つ、巨大な科学研究施設「ラボ」にて、
『事故』発生……!


かくして、ラボの地下に9名の男女が閉じ込められた。


刻一刻と死が蝕んでいく世界。固く閉ざされた出口。
頻発する不可解な現象。多くの謎。
そして……閉鎖空間の中で発生した、猟奇的な大量殺人。
この超極限状態から抜け出す鍵(ルート)は2つ――


ラボの中で記憶を失ったレスキュー隊の隊長――笠鷺渡瀬。
渡瀬の視点で繰り広げられる、9時間の脱出劇。


ラボに閉じ込められた高校生――天川夏彦。
夏彦の視点で追想される、事故発生までの6日間の軌跡。


2人の思惑、2つの記憶が重なるとき――全ての真相が明らかになる。
果たして、9名全員が無事生還できる道は、残されているのだろうか

シナリオ 17/20
R11やI/Oで有名な中澤工さんがプロデューサーを務めたSFサスペンスADV
R11のような緊張感、伏線回収、そしてプレイヤーへのトリックは今回も健在でした。
シナリオはAルート Bルート ○ルート ラストとなっています。
Aでは緊張感、不気味さ、疑心暗鬼、狂気などが前面に押し出されているシナリオとなっています。その中で記憶喪失となっている渡瀬が物語中に何度も叫ぶ
「何なんだよおおお」
といったセリフはプレイヤーと非常にシンクロしていたなと思いました。
さらに不気味さを際立たせる伏線の数々、そして回収されたと思えばすぐに出てくる新たな謎、そして原因不明の狂気等プレイ中は飽きることがありませんでした。

BではAで少し出てきた学生組みと度々出ていた不思議現象、そしてこの事件が起こる経緯について描かれます。
こちらはAと真逆のような平凡な日常が序盤は続いていきます。その中で少ずつ日常が崩れ始め最後には事件当日へ進み真実の断片へ・・・と言った流れになっています。
こちらの登場人物は学生が主体であり、主人公もすこし頼りない感じですがそこから非日常を経験することで成長していくのはとてもよかったです。

このAとBが終わった後に1つルートを挟んでラストへ行くのですがラストは賛否両論だとは思います。ラストはもちろん全ての回収、そして決着へ向かっていくのですが多くの過去回想を見なければいけないことからのテンポの悪さを感じました。もちろんこの過去回想には重要な意味もありエピソードとしても出来がよいのですがどうにも見せ方が悪かったような気がします。
またBではかっこよく成長した夏彦が少し行き過ぎた成長をしてすこし能力を使いすぎたのと使う上での葛藤などが欲しかったです。
それともう一人の主人公である渡瀬も記憶を取り戻してから活躍はしますがやはり少しインパクトが弱いなーと言う印象は受けました。ですがやはり言う事も行動も主人公らしいかっこよさは随所に見られているので後一歩と言うところですかね?
それとラストの展開ですが少々あっさりだったかなとは思いました。もちろんテーマとしては悪くないのですが折角気持ちが全員同じ方向に向いたのでもう一転くらいあっても良かったかなと感じました。
またテーマ性も強く人の悪意やわかりあうと言った部分が強く書かれています。いわなきゃ伝わらないこと言いにくいこと、理解するということはどういうことかこの辺りが重要であり、またBCにも密接に関わってきます。
ではトリックに関してですがこちらは流石ですね。悠里とユウリ 恒例のプレイヤーの位置 それと時間などは非常にうまかったと思います。
これに加えて伏線回収も今回はほとんど完璧でありこういう物語をしっかりたたむことができたと言うのは素晴らしいと思います。
最後に少し残念だったのがBCですね。作中ではBCという特殊な力が出てきますが後半はこれに頼ることが大きかったなと思い、できれば最後はBCなんかをも跳ね除ける人間本来のの意志などが描かれるとよかったかなと思います。


キャラ 15/20
キャラに関してはどのキャラもしっかりと過去を掘り下げてくれたおかげか非常にキャラに対して考えることが出来ました。全ての理由が誉められたことでもありませんし、糾弾されるような過去もありました。その中でも9人に共通していたある想いがあり、そして想いが原動力となってみんなを突き動かしてたんだなと思うといらないキャラはいなくなりました。もちろん認めにくいキャラや個人的に好きになれないキャラもいます。が作中でも言われているように全てわかりあうのはできないが歩み寄ることは出来るということから全てのキャラを理解することは出来ましたし、好き嫌いに関わらず印象に残るキャラクターたちになりました。

絵 18/20
ここは好きな絵師補正も入っていますがCG枚数さらにHD画質でのCGということでかなり満足度は高いです。狂気じみた顔や幸せな雰囲気、またかわいさ等その場の雰囲気に合ったCGがしっかり書かれていたと思います。ただ、血が出ているCGはちょっと出血量が多かったかな?

BGM 18/20
数も多くまたその場その場の雰囲気に合った質の高いBGMと個々の項目はほぼ満点に近いと思ってます。暗い雰囲気から日常、熱さ全てがそろえられており不満もないのですが、個人的にはThe Brave Discionが少し使われすぎだったかなと思いました。
これは自分が一番好きなBGMでもあるのですがだからこそこのBGMはここぞというときがよかったですね。Aルートの最後の部分が一番お気に入りです。

システム 17/20
UIは非常に使いやすく素晴らしいと思います。TIPSも少し見にくいですが豊富で補足説明もよし、さらにセンシズシステムは緊張感そして多くの意味を持ちとてもよかったと思いますが、シナリオ欄でも書いたようにRAMシステムは少し微妙だったかもしれません。ですが丁寧に掘り下げると言う部分を大事にするとあのようになるのは仕方ないとも思います。

総評 85/100
Aルートの緊張は素晴らしく、Bでの真実へ向けた展開は非常によかったと思います。ラストルートもダレはしましたがやはり回収の上手さ、そしてキャラの過去から見えてくる新たな真実やそしてしっかりと回収して締めることが出来ているので個人的には良かったと思っています。
E17や極限脱出、シュタゲのように爆発的な驚きはありませんでしたが多くの伏線を丁寧に回収し継続的な驚きと緊張を与えてくれていたと思います。
エロゲでもこのようなシナリオをやってみたいとは思いますがなかなかめぐり合えずやはり最近はこういう凝った設定はどうしても一般で出てしまうのが残念です。折角18禁というカテゴリーがあるので学園恋愛ものや青春ものがとても多い中(批判ではないです)
エロ関係無しにこういうカテゴリをつかってこのような緊張感のあるシナリオがエロゲでも出るといいなと思います。

では最後に一番印象に残った言葉でもあり今タイトルのサブタイトルで締めたいと思います
「Before Crime * After Days」

この感想を読んでくれた方々はありがとうございました。

tag : レビュー

line
line

line
プロフィール

雪月花  

Author:雪月花  
二次元住人雪月花です。

このブログでは皆様を二次元へ行く手伝いをさせていただいてます。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
応援バナー
line
アクセス数
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
応援バナー
竜翼のメロディア 応援バナー D.C.III~ダ・カーポIII~ Cabbit 第二弾!「キミへ贈る、ソラの花」応援中!
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。