FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

雪月花のエロゲ批評 J.Q.V 人類救済部 ~With love from isotope~

サークル StudioBeast
原画 深山観音様(深山雨彦) , 飛月腕十字 , 京極燈弥
シナリオ 昼王

あらすじ
島地は屋根の上、雲を眺めていた。

世界は今日も日常のまま横たわって、
時間は規則正しく今を過去へと送る。
無人の町、無人の廊下、無人の教室。

誰もいない学園で、
島地は小柄な少女・芽依に出会う。

「私ね、部活を作るんだ」

無人の学園に似つかわしくない言葉。

――――人類救済部。

無人の世界に空しく響く言葉。

今や世界から、人類は滅亡していた。

生存者、わずか3名の滅亡世界。
人類のいない世界で、少女達は何を救済するのだろうか――――

99%の絶望と1%の救いの中で人というものの美しさを書いた力作
同人と思えないほどのシナリオ、BGMの質、そして2000円というとんでも値段
正直同人で、さらにこのような怪シナリオは埋もれるだろうなと思いながらも埋もれていて欲しいと思って今う俺

シナリオ 19/20
ある思考実験により多くの人間が何かに「変容」してしまいやがて物語の生存者2名へといたる
シナリオはあらすじにある人類が2名になってから終末へ向かう話(以下現代)と主人公である島地の過去の話で構成されています。
現代編では主人公の過去の経験から狂気色は薄まっていますが、過去編は後半から狂気も狂気
一部グロCGもありです
現代編では人類が2名となった状況でヒロインが立ち上げた人類救済部を中心に話が進み、その中で世界のおかしさがところどころ顔を出してくる感じです。人類だけを救済するために閉じられた世界を探索し果てにたどり着いたときの結末はあまりにも残酷で正直心が折れそうでした。
ですがここで終わらず最後の伏線回収までやってください。これこそが1%の救いです。

またこの1%の救いを美しく表現するために必要不可欠な過去編
正直過去編もほとんどが救いがないです。あまりにも人は醜く、そして脆いという事がきっちり描かれます。
そして人であること人になることとはというのを描きながら世界の説明を行うラストエピソードは個人的に圧巻でした。
あれほど人とはもろく醜く、そして小さいと描かれていましたが、だからこそこの醜さこそが人の持つ尊さそして美しさであるとの結論はとても感動しました。他者があってはじめて人は存在するという当たり前なことをここまで強く書いた作品はなかなかないと思います。

物語中難しい哲学的なことやSF論が出てきます
もちろんこれは世界観を構築するために非常に重要なとこでありますが、ですがこの作品の本質はそこではないと思っています。
先ほども言いましたがこの作品は「人」について描かれた作品です。
人であるとは何か?人と認識されるとはどういうことか?物質はいつから人になれるのか?
またこの作品の思考実験は人であることの意味を問うています。その結果が人類滅亡に繋がると思うと正直薄ら寒いものも感じました。楽な考え方=人としての終わりとはあまりにも残酷であると思います。

またヒロインは芽衣ことめーたんだけですがまあ他のキャラとのエロシーンもあります。
またこれが結構重要となっていますし、俺もエロシーンを飛ばさなかったのは久しぶりですね。めーたんのエロシーンはエロゲの中でも個人的にトップクラスの名シーン

キャラ 16/20
なんといってもこの作品は主人公である島地が物語の大半を作っています。
人でありながら人にいたれていない島地が人を学び人に近づいていくのは非常に良かったです。
過去編の未完成さ、現代編の疑似完成っぽさ、回収編での完成と成長もわかりやすかったです
そしてもう一人の主人公兼メインヒロインのめーたん
めーたんは逆に人としてはある意味完成されてます。もちろん性格が完璧ということじゃなくて島地から見ての完成形です。
まあキャラの紹介はかなりネタバレがあるので実際はプレイして確かめてみてください。

BGM 20/20
ピアノ調の曲が大半ですがこれがホントに素晴らしい。雰囲気に合いすぎていつまでもそこにとどまって痛くなるようなそんな気持ちになりますね。
緊迫シーンも緊迫シーンでしっかりと緊張感あるBGMが流れ、正直ここに関しては減点するべきとこがないです

絵・エロ 13/30
絵はやっぱり同人っぽさがありますが俺はそこまで嫌いではなかったです。ですがCGもいくつか崩れてたりバランスがおかしかったりとこの辺りはあまりよくありません。エロに関してはエロさはありませんし尺も短いですが、意味があります。エロシーンに意味を入れることが出来るエロゲは少ないのでここはよいと思ってます。

システム 17/20
特に重さもなく、基本に必要なのは揃ってます。
またこの作品にはTIPS的なものがあります。このTIPSもなかなか出来が良くサイドエピソードなんかも含まれています。

総評 90/100
エロゲではいまやほとんどが出すことを諦めた作風であり同人だからこそ出せた作品であると思ってます。こういう作品にであえるからADV系のゲームはやめられない。
シナリオの質のよさについてかなり語りましたが個人的には日常も結構笑えました。
主に過去編の方ですがこちらはまだ人がいるので掛け合いがあります。
この掛け合いがなかなか面白く、パロ的な面白さではなく純粋な掛け合いの面白さですね

では、強いテーマ性を持ち何かを心に訴えかけられるようなシナリオがこれからもっと出ることを祈って最後にこの言葉で締めます

「世界で一番ちいさいものはなんですか?」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

tag : レビュー エロゲ

line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

雪月花  

Author:雪月花  
二次元住人雪月花です。

このブログでは皆様を二次元へ行く手伝いをさせていただいてます。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
応援バナー
line
アクセス数
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
応援バナー
竜翼のメロディア 応援バナー D.C.III~ダ・カーポIII~ Cabbit 第二弾!「キミへ贈る、ソラの花」応援中!
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。