FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

雪月花の批評 ルートダブル-Befor Crime After Days-

メーカー イエティ
原画   みけおう , わだぺん。(サブ) , おおたか鳴海(サブ)
シナリオ 月島総記

あらすじ
西暦2030年9月16日 午前6時19分
「鹿鳴研究学園都市」の郊外、
湖畔にそそり立つ、巨大な科学研究施設「ラボ」にて、
『事故』発生……!


かくして、ラボの地下に9名の男女が閉じ込められた。


刻一刻と死が蝕んでいく世界。固く閉ざされた出口。
頻発する不可解な現象。多くの謎。
そして……閉鎖空間の中で発生した、猟奇的な大量殺人。
この超極限状態から抜け出す鍵(ルート)は2つ――


ラボの中で記憶を失ったレスキュー隊の隊長――笠鷺渡瀬。
渡瀬の視点で繰り広げられる、9時間の脱出劇。


ラボに閉じ込められた高校生――天川夏彦。
夏彦の視点で追想される、事故発生までの6日間の軌跡。


2人の思惑、2つの記憶が重なるとき――全ての真相が明らかになる。
果たして、9名全員が無事生還できる道は、残されているのだろうか

シナリオ 17/20
R11やI/Oで有名な中澤工さんがプロデューサーを務めたSFサスペンスADV
R11のような緊張感、伏線回収、そしてプレイヤーへのトリックは今回も健在でした。
シナリオはAルート Bルート ○ルート ラストとなっています。
Aでは緊張感、不気味さ、疑心暗鬼、狂気などが前面に押し出されているシナリオとなっています。その中で記憶喪失となっている渡瀬が物語中に何度も叫ぶ
「何なんだよおおお」
といったセリフはプレイヤーと非常にシンクロしていたなと思いました。
さらに不気味さを際立たせる伏線の数々、そして回収されたと思えばすぐに出てくる新たな謎、そして原因不明の狂気等プレイ中は飽きることがありませんでした。

BではAで少し出てきた学生組みと度々出ていた不思議現象、そしてこの事件が起こる経緯について描かれます。
こちらはAと真逆のような平凡な日常が序盤は続いていきます。その中で少ずつ日常が崩れ始め最後には事件当日へ進み真実の断片へ・・・と言った流れになっています。
こちらの登場人物は学生が主体であり、主人公もすこし頼りない感じですがそこから非日常を経験することで成長していくのはとてもよかったです。

このAとBが終わった後に1つルートを挟んでラストへ行くのですがラストは賛否両論だとは思います。ラストはもちろん全ての回収、そして決着へ向かっていくのですが多くの過去回想を見なければいけないことからのテンポの悪さを感じました。もちろんこの過去回想には重要な意味もありエピソードとしても出来がよいのですがどうにも見せ方が悪かったような気がします。
またBではかっこよく成長した夏彦が少し行き過ぎた成長をしてすこし能力を使いすぎたのと使う上での葛藤などが欲しかったです。
それともう一人の主人公である渡瀬も記憶を取り戻してから活躍はしますがやはり少しインパクトが弱いなーと言う印象は受けました。ですがやはり言う事も行動も主人公らしいかっこよさは随所に見られているので後一歩と言うところですかね?
それとラストの展開ですが少々あっさりだったかなとは思いました。もちろんテーマとしては悪くないのですが折角気持ちが全員同じ方向に向いたのでもう一転くらいあっても良かったかなと感じました。
またテーマ性も強く人の悪意やわかりあうと言った部分が強く書かれています。いわなきゃ伝わらないこと言いにくいこと、理解するということはどういうことかこの辺りが重要であり、またBCにも密接に関わってきます。
ではトリックに関してですがこちらは流石ですね。悠里とユウリ 恒例のプレイヤーの位置 それと時間などは非常にうまかったと思います。
これに加えて伏線回収も今回はほとんど完璧でありこういう物語をしっかりたたむことができたと言うのは素晴らしいと思います。
最後に少し残念だったのがBCですね。作中ではBCという特殊な力が出てきますが後半はこれに頼ることが大きかったなと思い、できれば最後はBCなんかをも跳ね除ける人間本来のの意志などが描かれるとよかったかなと思います。


キャラ 15/20
キャラに関してはどのキャラもしっかりと過去を掘り下げてくれたおかげか非常にキャラに対して考えることが出来ました。全ての理由が誉められたことでもありませんし、糾弾されるような過去もありました。その中でも9人に共通していたある想いがあり、そして想いが原動力となってみんなを突き動かしてたんだなと思うといらないキャラはいなくなりました。もちろん認めにくいキャラや個人的に好きになれないキャラもいます。が作中でも言われているように全てわかりあうのはできないが歩み寄ることは出来るということから全てのキャラを理解することは出来ましたし、好き嫌いに関わらず印象に残るキャラクターたちになりました。

絵 18/20
ここは好きな絵師補正も入っていますがCG枚数さらにHD画質でのCGということでかなり満足度は高いです。狂気じみた顔や幸せな雰囲気、またかわいさ等その場の雰囲気に合ったCGがしっかり書かれていたと思います。ただ、血が出ているCGはちょっと出血量が多かったかな?

BGM 18/20
数も多くまたその場その場の雰囲気に合った質の高いBGMと個々の項目はほぼ満点に近いと思ってます。暗い雰囲気から日常、熱さ全てがそろえられており不満もないのですが、個人的にはThe Brave Discionが少し使われすぎだったかなと思いました。
これは自分が一番好きなBGMでもあるのですがだからこそこのBGMはここぞというときがよかったですね。Aルートの最後の部分が一番お気に入りです。

システム 17/20
UIは非常に使いやすく素晴らしいと思います。TIPSも少し見にくいですが豊富で補足説明もよし、さらにセンシズシステムは緊張感そして多くの意味を持ちとてもよかったと思いますが、シナリオ欄でも書いたようにRAMシステムは少し微妙だったかもしれません。ですが丁寧に掘り下げると言う部分を大事にするとあのようになるのは仕方ないとも思います。

総評 85/100
Aルートの緊張は素晴らしく、Bでの真実へ向けた展開は非常によかったと思います。ラストルートもダレはしましたがやはり回収の上手さ、そしてキャラの過去から見えてくる新たな真実やそしてしっかりと回収して締めることが出来ているので個人的には良かったと思っています。
E17や極限脱出、シュタゲのように爆発的な驚きはありませんでしたが多くの伏線を丁寧に回収し継続的な驚きと緊張を与えてくれていたと思います。
エロゲでもこのようなシナリオをやってみたいとは思いますがなかなかめぐり合えずやはり最近はこういう凝った設定はどうしても一般で出てしまうのが残念です。折角18禁というカテゴリーがあるので学園恋愛ものや青春ものがとても多い中(批判ではないです)
エロ関係無しにこういうカテゴリをつかってこのような緊張感のあるシナリオがエロゲでも出るといいなと思います。

では最後に一番印象に残った言葉でもあり今タイトルのサブタイトルで締めたいと思います
「Before Crime * After Days」

この感想を読んでくれた方々はありがとうございました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

tag : レビュー

line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

雪月花  

Author:雪月花  
二次元住人雪月花です。

このブログでは皆様を二次元へ行く手伝いをさせていただいてます。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
応援バナー
line
アクセス数
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
応援バナー
竜翼のメロディア 応援バナー D.C.III~ダ・カーポIII~ Cabbit 第二弾!「キミへ贈る、ソラの花」応援中!
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。