FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

雪月花のエロゲ批評アルテミスブルー

メーカー あっぷりけ妹
原画 浅海朝美
ライター 井上啓二

空を舞台にした最高に熱いやつらの物語
あらすじ
西暦2060年代の物語。
西暦2040年に起きた謎の天変地異『大変化』によって、
高度約500フィート以上の飛行が不可能になった世界でのお話。
高度500フィートから宇宙に達するまでの飛行不可能高度を、
パイロット達は『アルテミスの処女膜』――絶対に破れない膜と呼んでいる。
東京湾に建設途中で放棄された第三新東京国際空港、通称『江戸湾ズ基地』は、
現在日本国内にいくつか残った飛行機野郎たちの吹きだまりの一つ。
航空法により地上上空での飛行が禁止されている世界で、
『飛行機野郎』たちは、それでも各種飛行艇を乗りこなし、非合法な仕事を含む航空運輸業を営んでいる。
そんな中、アメリカの飛行学校でパイロットのライセンスを取得した主人公兼ヒロインの『田島ハル』が『江戸湾ズ』にある『久保航空運輸』に就職の面接にやってくる……




シナリオ 19/20
何かを欠けたまま成長し大空を夢見た大人たちが集まる江戸湾ズ
その中にまだどこか子供さが残った主人公田島ハルが大人たちに影響を与えながら自分自身も成長していく物語。
まず全編通して簡単に物事が解決しないってあたりが凄くよかったです。
1章ではどんなに全力を出しても救うことが出来ないものがあると突きつけられ絶望を抱えたまま2章へ突入する流れは凄くよかった。2章での大人だから割り切れること子供だから割り切れないことというテーマがでてくる中桂馬のハルへの言葉はかっこよかった。
今回写真で乗せた桂馬が海へ酒を流しているCGは本編をプレイするとホントに感慨深いよ
3章では江戸湾ズみんなの天使アリーが降臨します。ここはシナリオ的には感動する部分ではあります。全てを押し殺して生きていくアリーの姿は年のせいでいっそうやるせなくみえます。
だからこそ最後の自己主張は心が打たれますよね。まあでも俺はあんまり泣けはしなかったです。
4章は個人的に結構好きな章でした。ここではスコシタイガーという破天荒な爺さんが登場します。この爺さんも空の魅力に取り付かれた一人と言え、まさに空に生きた人でした。この章は非常に賛否両論だと思いますが個人的には凄く好きです。人が人生で一番輝く瞬間って言うのは誰の干渉も受けず一人で何かをやりきったときだと思います。多分それをすれば後悔がないというくらい
よくもう俺明日死んでもいいとう人がいいますがこれを本気で思える人は極わずかでしょう。俺はこの章の最後ではこの部分が凄く自分に伝わってきました。
5章はハルの物語最大の盛り上がりです。ここまでのハルはなんだかんだいっても空が生きがいでした。人は生きがいをとられたときどうするのか?そういう葛藤的なものが凄くかかれてました。そして挫折を経験している人の言葉ってのは凄く重いです。桂馬はホントいい男だわ。まじ男キャラじゃこれ今までナンバー1。マリアも亜紀子もリドレーもホントこの章では輝いてた。そして章の最後にはハルの転機となる言葉が恋人の建夫から・・・
6章では桂馬 亜紀子 リドレー サラ そしてダニエルの過去話
登場人物が平均的に高いからか会話のジョークも凄く面白く感じる。そして大人ならではの悩みは葛藤は普通の学生系のものじゃ見られない感じで凄く新鮮でした。桂馬の過去はほんとにきつい・・・悪意を理解できてなお許せないときのやるせなさってのはほんとにしんどいです
そして運命のラストフライトの結末はいい意味であっけなく終わります。ホント劇的とかそういうものじゃなくほんとにどうしようもなさがあらわれてました。
7と8章は一緒に感想書きます。ある意味全編後編みたいな感じでした。8章は少し今までと雰囲気が違いますがそれでもテーマにある人の生きるための場所と言う部分からはずれていなかったと思います。どんな物事にも裏と表がありどちらかに損も得もくるという。
最後の締めは捉え方によって受け入れられ方が変わると思います。ハルが去った理由もラストにハルがいなかった理由ブログで得られた答えと大体同じ感想でした。この章でよく言われる「人は自分を必要としてくれる誰かのために生きるべきだ」という言葉がこの作品の全てであり自分がこのアルテミスブルーを評価する最大の理由です。人が生きていくために理不尽や困難が襲い掛かってもそれでも必要としてくれる人がいるのならこういうテーマを書ききった作品と言うのはやっぱり心に残ります。

欲を言えば桂馬の心情描写がほしかったっていうところです

キャラ 20/20
魅力的な空間とシナリオを作るのは魅力的なキャラ
誰一人として欠けてはいけなく、そしてこれだけ濃い中捨てキャラが一人もいないというのは見事でした
江戸湾ズというあの暖かな空気は今までのエロゲでは感じたことのない空間でした。
この魅力的な空間はやっぱりみんながどこか一つ芯があるからだと思います。
個人的にはやっぱり桂馬と亜紀子
亜紀子はほんとにいい女でした。よくいろんなエロゲで支えると言いますがこれほどつらい支え方はないとさえ思いました。ずるさも強さもやさしさも全てが大好きです
そして今作の真の主人公桂桂馬
多くの人に愛されるこの桂馬ですが、線引きがうまい。そして道をしめす大人としてほんとにかっこよかった。だからこそ自身が燻っているやるせなさも表現されていたし最後の決断も納得できた。やっぱりラリアットが決めてだな。
ホントは全員分書きたいけど流石に足りなくなりからここで終わり

音楽 17/20
多分聞いたことあるような曲のアレンジが何曲かあると思います。これがまた作品の空気に合う。
全体的にエロゲと言うより洋画チックなノリなテキストやシナリオなのでこういうBGMはいいねと思います。
ラストBGMのアレンジなんて知ってる曲なのになぜか凄くジーンときた
OPはクリアしてから聞くとまじでガチ
2曲とも聞いてるだけで江戸湾ズの雰囲気がよみがえってくるくらい俺ははまりました

システム 12/20
ちょっと強制オートが多かったのがマイナス
重要な部分と言うのはわかるけど最終章なんて多くてトイレになかなかいけなかったw
できればもう少し強制オートは少なくしてほしかったかな

エロ 14/20
まあハルのエロは全部気にしない方向でwプレイすればわかるけどここはもう笑うしかない
個人的にマリア2と亜紀子は本当に良かった。抜きと言う意味ではなくシナリオという意味で
マリアでは桂馬の人情が亜紀子では桂馬の覚悟がしっかり書かれていてよかったと思います。

総評 94/100
人間ドラマと言う観点から見れば個人的に屈指の名作
もともと空を扱う作品が個人的に好きなのでその辺りの加点もあります
ですがそれを抜いても人と人との関係性そして生きるというテーマ性は凄く出ていたと思います。
本編中であった子供は大人になりたいといい大人は子供になりたいと言う
だからこそ子供は子供であるときを精一杯楽しめ
ほんとに作中には名言がたくさんありました。

自分がいつか大人になってまだエロゲをやっていたらまたプレイしなおしたいそんな作品でした
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

tag : エロゲ レビュー

line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

雪月花  

Author:雪月花  
二次元住人雪月花です。

このブログでは皆様を二次元へ行く手伝いをさせていただいてます。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
応援バナー
line
アクセス数
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
応援バナー
竜翼のメロディア 応援バナー D.C.III~ダ・カーポIII~ Cabbit 第二弾!「キミへ贈る、ソラの花」応援中!
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。